読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doma勉強会

Doma勉強会に行ってきた。具体的にはこれ。

kanjava.connpass.com

資料はこれ

Doma実践

メモから

  • View層までDomaのエンティティやドメインオブジェクトを持ち込む?
    • うらがみさんとしては結構やってるとのこと。
    • JAX-RSでControllerの引数として受け取るところからドメインオブジェクトにする方法を説明していたので、DB層のエンティティがViewまで来ているというよりビジネスモデルがViewやDBのレイヤでシームレスに扱えてるという事だと思った。
      • Domaがエンティティにドメインオブジェクトを持てることと、黒魔術が無いからこういうことが実現できている気がする。View層やDB層のフレームワークPOJOをそのまま扱えるように発展してきたからからこそできることっぽい感。
  • Publicフィールド使うほうが多い?(Beanにしないことが多い?)
    • Beanでも別にいい。ただし、JPAのようにMethodに@Idや@Columnアノテーションをつけて云々みたいなのはできないみたい。
    • フィールドに詰め込むときは、リフレクションで詰め込んでいるけどもだからといってパフォーマンス的にそこで問題を感じたことは無いとのこと。
  • Domaの設計思想的にあまりサロゲートキーは使わない(使う必要がない?)
    • これは聞き忘れた。複数主キー指定できるのでなくても困らない感じではある。
    • 追記 ↑↑上記は私が発表を聞いた時に感じた感想で、実際にはサロゲートキーを使われているとのこと。
  • Batch用ConfigとAppServer用Config、両方で使えるDaoって作れるの?
    • 使えるよ。DaoにConfig受け取る引数がある
    • 複数DBとかもConfig工夫したらいけそうですね。
  • 複合主キーをつけるときは @Id を複数につける
    • 複合主キーに何か意味があるのかな。@Update時にうまいこと使ってくれる?
    • 使ってくれる
  • Lombokとの対応状況現状
    • 問題はあるけど結構共存できるよとのこと
      • 識者の意見
  • JAX-RSとの併用について
    • jaxbのXmlAdapter 書けば jackson もそれを使ってくれるのでエエカンジとのこと。
    • ただし、ドメインオブジェクト分の XmlAdapter 書くのはだるいので APT プロセッサーを書いているとのこと。
    • github.com
  • ダイアレクトはページング時に使われるのが代表的な使われ方
  • 1フィールド1カラムが原則

所感

Java のようにあまり高機能でない静的型の言語でORMでいい感じにインピーダンスミスマッチを解消するって言うのはなかなかうまく行かない場合が多いなぁと思っている。SELECT文の結果というのは型がある。なのでSELECT句が動的に変わる場合(JOINとかだね)というのは静的型ではどうやったってミスマッチを吸収できない。

HibernateJPAはSELECT句とEntityをマッピングするわけではなくテーブルとEntityをマッピングするので、テーブル定義とSELECT句が一致する場合は問題ないのだけれども、一致しない場合に途端に辛いことになってくる。

Domaの場合、そもそも ORM とも言ってないし結果セットをEntityにしてくれるだけというシンプルさがある。そしてSQLを書かせる代わりにメソッドの情報として利用しているのでコンパイル時に強力に型チェックしてくれる。みたいなのはやっぱりいいなぁと思う。

ひとつだけ気になっているのはDomaのいろいろ割り切った故のほぼ完成しちゃっている感。うらがみさんにも「今後のロードマップとかあるんですかね?」って聞こうと思ってたけど忘れてた。完成しちゃってメンテナンスフェイズとかに入ると活発に見えなくなっちゃってプロダクトの死に近づいちゃうみたいなの、どうしてもあるので。

それはそれとして、今度レイヤードアーキテクチャだとかDDD的な設計とか話したいということもワイワイ話せたので良かった。

今度、梅田で夕飯などを食べながら技術を語る会のようなものをできたらいいなぁと思ってます。